このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ごあいさつ

運動器に関する疾患は日常多く存在します。しかし、骨・軟部腫瘍、とりわけ悪性疾患は、患者の人生に大きな影響をもたらす疾患であることは疑いの余地がありません。そして、悪性骨・軟部腫瘍の診療は、生検を含む病理診断の難しさや全身化学療法、画像診断に基づく広範切除、患肢温存手術など、高度な医療技術が要求される分野だと考えています。我々のグループには、慶應義塾大学整形外科関連施設のみならず、他大学からも多くの症例を御紹介いただいております。大学の利点を生かし小児科、小児外科、形成外科、呼吸器外科、血管外科、泌尿器科、放射線診断科、放射線治療科、緩和医療科などの多くの診療科と連携し、難治例における治療成績向上に努めています。これからも、国内はもとより東アジアの骨・軟部腫瘍センターとしての役割を果たすべく努力していきたいと思っております。
森岡秀夫

関連バナー

  • 慶應義塾大学病院
  • 慶應義塾大学病院整形外科
  • KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト